しあわせはどこに
(しあわせはどこに)
母の面影を胸に純情の乙女が辿る苦難の人生航路を描いた、愛と涙のメロドラマ。雑誌「平凡」に連載された小糸のぶの原作を映画化。
監督
西河克己
キャスト
松尾吾郎=葉山良二 橋爪淳子=芦川いづみ 淳子の母・文代=山根寿子/亀井紀代子=堀恭子 志村徹夫=宍戸錠 淳子の伯父・岡田省吉=殿山泰司 矢沢慎太郎=二本柳寛/淳子の伯母・かね=北林谷栄 北関東刑務所所長=林幹 たき=田中筆子 芝田専務=清水将夫/愛光園売店の女A=紅沢葉子 愛光園売店の女B=福田トヨ 鳥取県賀露の料亭の親爺=山田禅二 芝田建設入社試験の試験官B=河上信夫 芝田建設入社試験の試験官A=片桐常雄 軍服の男=高品格/芝田建設入社試験の試験官D=小泉郁之助 鳥取県賀露の料亭の板前=紀原耕 岡田省吉の仲間のヤクザ=高緒弘志 岡田省吉の仲間のヤクザ=衣笠一夫 鳥取県賀露の料亭の女中=高田栄子 芝田建設入社試験の試験官C=上原一二 岡田省吉の仲間のヤクザ=山之辺閃
脚本
池田一朗西河克己
音楽
池田雅之 
その他スタッフ
原作/小糸のぶ(平凡連載) 撮影/横山実 照明/吉田協佐 録音/中村敏夫 美術/坂口武玄 編集/中村正 助監督/中島義次 製作主任/笹井英男 スクリプター/新関良子
両親がいないという理由で就職も出来なかった橋爪淳子は、業界の立役者・矢沢慎太郎の目にとまり芝田建設に入社することが出来た。淳子は伯父・省吉の家で世話になっていたが、伯父は執拗に彼女に迫り、淳子は彼の毒牙から危うく逃れることがしばしばだった。矢沢の計いで淳子は芝田専務の秘書見習となったが、このことは秘書の亀井紀代子の羨望をかった。或る日、淳子は帰りの電車の中で青年と荷物を取り違えたのだが、その青年・松尾吾郎と計らずも社の廊下で出会い、同じ会社の社員であることを知った。無愛想な松尾は、見かけによらぬ好人物で、その場に居合わせた同僚のモダン青年・志村徹と三人で食事をすることを申し出た。次の日曜日、松尾と志村と淳子の三人は、相模湖にドライブへ行った。明朗青年の松尾は、淳子の日々の暗い気持を明るくした。数日後、相模湖の写真が出来たと志村から連絡をもらった淳子は、松尾も来るというのでアパートに出かけたが、それは志村の企みだった。志村に抱きすくめられる寸前、危うく松尾に救われた淳子は、アパートを飛び出したときに偶然通りかかった矢沢の車に呼びとめられた。事情を知った矢沢に優しく慰められ、淳子の気持も和らいだ。その夜、伯父の家に帰った淳子は、叔父が伯母・かねのもとから逃げ出す争いに遭遇した。よろめきながら叔父を追った叔母は、自動車に轢かれた。かねの死に際、淳子は死んだと思っていた母親・ふみ代が生きていることを知った…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1956
公開年月日:1956/7/19
上映時間ほか:モノクロ/80分/スタンダード・サイズ/9巻/2171m
© 日活

ロケ地

【東京都】千代田区(丸の内ビル街、東京駅)/大田区(羽田空港、大森駅)
【神奈川県】】葉山町/相模湖
【静岡県】浜松市(中田島海岸)
【鳥取県】鳥取市(鳥取駅、鳥取砂丘)
▲走る国電・国電車内、▲京浜国道

ピックアップサイト Pickup site