絶唱
(ぜっしょう)
香り高く、豊かな抒情性とヒューマニティをおりまぜて、美しくも哀しい悲恋物語を描く芸術祭参加の文芸珠玉篇。
監督
滝沢英輔
キャスト
小雪=浅丘ルリ子 園田順吉=小林旭 大谷=安井昌二 牧真介 橋本美保子=香月美奈子 マサ=高友子 源助=松本克平 為吉=横山運平 吉原=木下雅弘 土方弘 伊藤寿章 佐野=河合健二 セキ=田中筆子 ハマ=辻伊万里 下宿のお内儀=相馬幸子 鈴村益代 木島一郎 笹本=小柴隆 田中=木崎順 森本=須藤孝 高野誠二郎 正造=小杉勇 園田惣兵衛=清水将夫 橋本平吉郎=三津田健 サト=山根寿子
脚本
八住利雄
音楽
牧野由多可 
その他スタッフ
原作/大江賢次(講談社版) 撮影/横山実 照明/河野愛三 録音/神谷正和 美術/松山崇 編集/辻井正則 助監督/鍛冶昇 製作主任/中井景 スクリプター/堀北昌子 スチール/石川久宜
ここ山陰地方では、園田家と言えば山園田と言われるほど名の通った大地主だった。一人息子の順吉は可憐な山番の娘・小雪を愛していた。京都大学から休暇で帰省すると、父・惣兵衛と激しい口論となった。惣兵衛は町の実業家の令嬢・美保子との結婚を強いるのだ。順吉にとっては家の莫大な財よりもひたすら小雪一人を想う気持ちが強かった。小学校教員の大谷や銀行員のマサなどと進めている読書会の仲間は順吉の味方だった。小雪の両親、正造とサトは旦那様のご恩に背くことは出来ないと心を痛めていた。順吉が大学に戻ると、惣兵衛の命によって、小雪は因果をふくめられ他国の親戚の元ににあずけられた。順吉はこのことを知って、愛を貫くために家を出る決意を固めた。宍道湖のほとりの経師屋の二階、そこが二人だけの愛の巣になった。順吉は慣れない肥くみ作業員や材木運びなどの重労働に励んだ。読書会の仲間は二人に贈り物をした。二人は幸せだった。 一方、戦争の足音が日増しに大きくなり、遂に順吉にも召集令状が来た。勘当の身のまま戦地へ向うことになった。壮行会の日、小雪が想いを込めて唄った山の木挽唄を、どこにいても毎日、決めた同じ時間に二人で唄おうと約束した。順吉は戦地へ向かった。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1958
公開年月日:1958/10/15
上映時間ほか:モノクロ/109分/シネマスコープ・サイズ/11巻/2975m
© 日活

ロケ地

【京都府】(調査中)
【島根県】松江市、出雲市(宍道湖)/松江市(松江城、濠端)

ピックアップサイト Pickup site