女を忘れろ
(おんなをわすれろ)
二人の女に恋を残し、異国に去りゆくマイトガイ・アキラの哀愁を甘い雰囲気とせつない慕情で描く超娯楽篇(小説新潮連載)。
監督
舛田利雄
キャスト
田所修=小林旭 三木尚子=浅丘ルリ子 雪枝=南田洋子/吉野=金子信雄 関口=牧真介 尚子の母=高野由美 大沢=安部徹/吉川=弘松三郎 バンドマン=柳瀬志郎 郵便配達夫=青木富夫 医者=神山勝 吉野の乾分C=衣笠一夫 周旋屋=河上信夫/婆や=田中筆子 女子学生B=葵真木子 三田容子 看護婦=渡のり子 若い娘=久木登紀子 村井志摩子 アパートの管理人=福田トヨ/澄川透 大沢の部下A=黒田剛 吉野の乾分A=木島一郎 楽団員A=須藤孝 久遠利三 ボーイA=林茂朗 大沢の部下B=八代康二/愚連隊B=柴田新 愚連隊C=川村昌之 楽団員B=本目雅昭 大沢の部下D=高田保 ボーイB=朝広亮 大沢の部下C=水木京一 楽団員C=小柴隆/谷川玲子 若い娘=角田真喜子 女子学生A=森島富美子 中尾千江子 アパートの子供=藤田安男 ジェームス・グリーン ポール・コンデ/愚連隊A=川辺健三 大須賀更生 水田島良治 松岡京志 技斗=阿部幸四郎 レスリング指導=東富士
脚本
山崎巌 舛田利雄
音楽
音楽/真鍋理一郎 主題歌=コロムビアレコード「女を忘れろ」作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 唄 小林旭
その他スタッフ
原作/藤原審爾(小説新潮所載) 撮影/姫田真佐久 照明/藤林甲 録音/橋本文雄 美術/坂口武玄 編集/辻井正則 助監督/河辺和夫 製作主任/栗橋正敏 スクリプター/君塚みね子 スチール/井本俊康
田所修は国道を走る車中、二人の女との恋の傷痕を思い出していた。修は学生ボクサーからプロになったが、相手の関口を失明させてしまい、キャバレーのドラマーになり彼を養った。バーの年上の女・雪枝と同棲した。修は女子大生の尚子と知り合ったが、彼女は土建屋の大沢にアパートを建築させていた。100万の資金不足を知り修は尚子に金策の手段を与えた。彼女は古径の絵を売り、大沢に届けた。修は関口に開眼手術をさせた。結果は良かった。建築は進んでいなかった。そのことで訪ねてきた尚子は雪枝を修の姉と思い違えていた。雪枝は尚子こそ修に似つかわしいと思い始める。修はアパート建築に乗りだしドラマーの職を追われた。彼は尚子を愛し始め、雪枝との生活に疑問を持つようになる。大沢は建築の代償に尚子の身体を狙っていた。それを知った修は大沢の事務所に乗りこんだ。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1959
公開年月日:1959/1/28
上映時間ほか:モノクロ/97分/シネマスコープ・サイズ/10巻/2667m
© 日活

ロケ地

【東京都】新宿区(西武線新宿駅、新宿のバス停留所)/世田谷区(昭和女子大学)/中央区(銀座)/東京全景(東京タワー)/大田区(六郷の鉄橋、羽田空港)

ピックアップサイト Pickup site